居抜き物件の店舗内装を施工会社と共に行った自由なデザイン

既存の物を使いDIYを駆使してイメージ通りの内装へ

施工会社に任せた他の場所は、トイレの全面改装と正面のドアの交換のみです。
後は私が家具類のリメイクを行うことになり、ラッピングシートを活用して在り来たりな家具を他では目にすることができないような仕上がりを実現できました。
ラッピングシートは敢えて派手目なものを利用して、ボックス席のテーブルはメタリックカラーのラッピングとカメレオン仕様で角度で色が変わって見えるラッピングも用いました。
カウンターのテーブルは、以前から試してみたかったラップ塗装を施してみて、スプレーガンを駆使して何とか完成させています。
照明器具はダウンライトを用いている物件なので、このままでも問題なく使うことができましたが、夜間に照明を点灯させてみると、至って普通の状態です。

もっと目立つ明かりを設けたかったので、別途照明器具用の配線ダクトを調達して天井へと施工しています。
この配線ダクトのレールには、色の異なるLED電球を取り付けてみて、既存のダウンライトはムードのあるアンバー色に変えました。
その上で点灯確認してみるとおしゃれな雰囲気を醸し出せるようになり、大体の店舗内装は済ませることができて、ここまでの費用は70万円程度の出費です。
アルコールを提供することをメインにしているので、カウンターの背面にある棚にはたくさんの種類のお酒の瓶を並べることを想定していたので、この棚に対しても配線ダクトレールの光が当たるように調整も行っています。

居抜き物件の店舗内装工事をDIYと施工会社で行う既存の物を使いDIYを駆使してイメージ通りの内装へ居抜き物件は経費が安く済みデザインを自由な発想で行えた